WiMAXに申し込むには大きく分けて2つの方法があります。
直接家電量販店などの店頭で申し込む方法とwebからプロバイダーのホームぺージで申し込む方法です。
初めてのWiMAXの申し込みでも失敗しないよう、ここではそのメリットとデメリットを説明します。


家電量販店などの店頭で申し込む

 

一番簡単なのは、ビックカメラなどの家電量販店の店頭で申し込むことです。
メリットは、販売員の方に疑問点などの説明を受けながら申し込むことができるので初めての方でも安心な点です。
書類等の記入を含めても時間もかからず、当日その場で渡してくれる場合もあってお急ぎの方には嬉しい方法です。
デメリットは、webから申し込む場合に比べて割高な場合が多いことです。
パソコンやタブレットなどの購入に合わせてプランでお得になる場合があるので、合わせて検討している場合は一度確認してみると良いでしょう。

プロバイダーのホームページで申し込む

 

こちらはweb上のプロバイダーのホームページから契約、発送の手続きまでをwebで行う方法です。
検索で「WiMAX 申し込み」などからプロバイダーのホームページに飛んでいくことができます
メリットは様々なキャンペーンが行われており、お得に申し込みができることです。

 

その一例としては

  • 申し込んで一定期間使用するとキャッシュバック
  • ほぼ無料でタブレットが購入できる

などプロバイダーによって様々です。

 

また全てweb上で完結するので、店頭まで行くのが面倒という方にもおすすめです。
申し込み後、機器の在庫状態にもよりますが、概ね1週間以内に発送されて使うことができます。
デメリットは、契約の内容をしっかり確認する必要があることです。

  • 使い放題だと思ったらデータ容量の制限があるプランだった
  • キャッシュバックをもらえる条件が複雑だった

など確認不足で失敗しないためにも、事前の契約プランの確認が必須です。

 

 

まとめ

 

その他の注意点としてお住まいの地域がWiMAXの使用ができるのか確認することです。
web上では電波状況を調べてくれるピンポイントエリア判定や無料の貸し出しサービスもありますので、そちらを活用するのも良いでしょう。