旧WiMAXより新しいWiMAX2+では大幅に通信速度が向上しました。
WiMAX2+では2つの高速化の技術が盛り込まれています。

 

キャリアアグリゲーション

1つはキャリアアグリゲーションと言う技術です。
キャリアアグリゲーションでは2つの電波を束ねて通信速度を2倍にすると言う技術が盛り込まれています。
下り最大110Mbpsから2倍である下り最大220Mbpsもの高速通信を実現しているのです。
通信状態の悪い電波があっても、通信状態の良好なもう一方の電波を使えるために安定しやすいと言うメリットがあります。

4x4MIMO

もう1つは4x4MIMOと言う技術です。
4x4MIMOでは電波の送信側である基地局と受信側であるルーター、それぞれ4本のアンテナを装備し通信速度を向上させると言う技術が盛り込まれています。
アンテナ数を増やしたため、障害物に強いと言うメリットがあります。
ビルやマンションと言った高層階の建物が多い都市部でも高速通信が期待出来ます。

最新機種なら下り440Mbps通信に対応

最近ではキャリアアグリゲーションと4x4MIMOと2つの技術を盛り込んだ端末が登場しています。
この端末では下り最大220Mbpsの2倍である下り最大440Mbpsもの超高速通信を実現しています。
WiMAXは通信速度にこだわりたいと言う方にピッタリな端末です。
ただし対応エリア外では下り最大220Mbpsまたは下り最大110Mbpsとなるため、事前に確認しておくことが重要です。

速度制限にご用心

 

WiMAXを使用するときに注意したいのが速度制限です。
通常プランの場合は月間7GB以上のデータ通信で速度制限がかかります。
ギガ放題プランには月間7GB以上と言う通信制限はありません。
しかし3日間で10GB以上のデータ通信でも速度制限がかかってしまうのです。
ただし月間7GB以上の速度制限と比べると緩和されており、YouTube動画の標準画質なら十分閲覧することが可能です。
その他にも理論値と実測では異なると言う点にも注意が必要です。
実測マップを公開しているプロバイダがあるため、事前に確認しておいて下さい。